時代は低金利

女性オペレーター

ファイナンシャルプランナーは、人間が生活していく上で発生する住居・教育・老後の各種のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業です。 ファイナンシャルプランナーは、教育資金、生命保険、住宅問題、税金問題、相続問題、年金問題、相続問題、不動産問題などの各種の相談に対応しています。 低金利時代になり、生命保険の見直し、資産運用、年金などの相談が増加しています。 生命保険見直しについては、支払保険料の削減や生命保険の切り替えなどの相談を行っています。 年金相談については、受けることのできる年金金額を算定したり、私的年金の検討を行っています。 住宅問題については、住宅ローンの返済方法の見直しやローン会社の変更の相談を行っています。

ファイナンシャルプランナーの資格は、ファイナンシャル・プランニング技能士という国家資格となっています。 ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を持たない者が、資格者を名乗ることは法律で禁止されています。 これまで、ファイナンシャルプランナーの資格は、不動産業者、金融機関や生命保険会社などで働く者が取得していました。 金融機関や生命保険会社の窓口においては、各種の金融資産や生命保険の勧誘を行う必要から、ファイナンシャルプランナーの資格は不可欠です。 そのため、多くの金融機関や生命保険会社では、資格取得手当として給与に加算しています。 近年、税理士、社会保険労務士、弁護士などの専門サービス業者がファイナンシャルプランナーの資格を取得しています。